<   2010年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
かは歌集のか
納戸の段ボール箱の中身を整理していたら、
底の方から懐かしい物が出てきました。
小学校3、4年生の時にクラスで作った歌集です。
a0115886_16573352.jpg

その時の担任のH先生は、大学出たての新任の女の先生でした。
歌や絵本が大好きな先生で、学校にギターも持ち込んだりして、
僕たちに歌をたくさん教えてくれました。
今週の歌というのを決めて、
教室の後ろの黒板に歌詞を書いてくれていたのですが、
それなら歌集を作れば、いつでもたくさん歌えるね、ということになり、
先生の提案でみんなでクラスの歌集を作ったのです。
当時は、(40年近く前ですから)コピーなどはなかったのです。
先生が輪転機で印刷していたと思います。
放課後残って、みんなで歌詞の原稿を書き、
印刷された紙を束ねてホッチキスして歌集を作っていきました。
その作業が楽しかったのなんのって!
その時に本を作る楽しさを知ってしまったかも、と思います。
編集する。
原稿を書く。
イラストを描く。
印刷する。
丁合する。
束ねる。
製本。
完成!
配本。
その一連の流れは楽しく、子供ながらに充実感の溢れるものでした。
そして完成した歌集を手にした時の喜びは格別でした。
55ページもある歌集だったのですが、
挿絵のイラストは、なんと8割くらいを僕が一人で描いていました。
描かされていたのではなく、
他の人に描かせなかったというのが真実で、
この楽しみを奪われてなるものか、とほとんどのページを引き受けて、
まるで人気作家のように、
「しんちゃん、早く次のページ描いてよ」
なんて催促されながら、どんどん絵を描いていました。
なんか、性格全然変わってないよなあ。

新任だったH先生も定年を迎えられました。
今でも、時々コンサートなどに来てくださいます。
H先生との出会いは、
僕の音楽、絵、編集など、さまざまなものとので出会いでした。
本当に僕の人生を変えてくれたように思います。

小学生中学年だった僕が、当時描いた絵を見ながら、
懐かしい気持ちになりました。
確か表紙も描いたんだけどなあ、
表紙は破れてどこかにいってしまったようです。
では中を見ていきましょう。

「ねこふんじゃった」
色がついていますが、
もちろんカラー印刷ではなく、
自分であとから色をつけたのだと思われます。
a0115886_16582797.jpg

力作!
「すうじのうた」
a0115886_16585127.jpg

「あわてんぼうのうた」
男の子が妙に中年体型ですね。
a0115886_16592142.jpg

「今日の日はさようなら」
この歌は、クラスで良く歌いました。
僕はこういう翼の絵を描くのが、得意というか、
好きでしたね。
a0115886_16593773.jpg

「アルプス一万尺」「ピクニック」
アルプスいちまんじゃくって打ったら、
アルプス一万弱って変換された。
a0115886_16595811.jpg

「ゆう気あるもの」
これは吉永小百合が歌った歌謡曲ですね。
僕はH先生から教えてもらいました。
大好きな歌でした。
イラスト渋い。
a0115886_170225.jpg

「君のそこくを」
そこくっていう意味が良く分からなくて、
なんとなくこんなイメージかな?って描いた絵。
こんな歌を小学生で歌ってたんだよなあ。
a0115886_1704667.jpg

「むすめさん」
たぶん正しくは「森へ行きましょう」だと思うんだけど、
歌集では「むすめさん」というタイトルになっていました。
a0115886_171362.jpg

「ドレミのうた」
ファはファイトのファ、はちからこぶで表現しています。
そう言えば、このブログのタイトルの付け方は、
「とはともだちのと」からですが、
そもそもは「ドはドーナツのド」でこの「ドレミのうた」からですね。
a0115886_171192.jpg

「ムーミン」
ムーミンが主役なんだけど、イラストレーターとしては、
鳥の方に力が入っています。
a0115886_1713755.jpg

「ドナドナ」
牛の親子の別れを描いたつもりでいます。
a0115886_1715330.jpg

「おおまきばはみどり」「十人のインディアン」
じゅうにんのインディアンと打ったら、
住人のインディアンと変換された。
a0115886_1721114.jpg

「チビデブのうた」
今では考えられないタイトルの歌ですね。
メロディーは「麦畑」「故郷の空」で歌います。
って、言えば分かるでしょうか?
♪だ〜れかさんと だ〜れかさんが〜 むぎばたけ〜♪
っていう歌。
分からない人は近くの年配の人に聞きましょう。
a0115886_1723533.jpg

「手のひらを太陽に」
そのまんま。
でも描いた当時は、傑作を描いた、と思っていました。
a0115886_1725620.jpg

「クマさんの歌」
「森のクマさん」ではなく、クマさんの歌になってた。
何でだろう??
a0115886_1731276.jpg

「カエルの合唱」
ちゃんとカエルが歌ってますねえ。
小学生にしては、なかなかの画力だと思います。(笑)
a0115886_1733136.jpg

「黒ネコのタンゴ」
この絵、気に入ってました。
a0115886_1752485.jpg

「ともだち」
わざとちょっと凝った絵にした覚えがあります。
すごく好きな歌だったんですね。
人物を全部描かないで、横顔と手だけにしたのが、
しゃれてると当時は思ったんだよなあ…。
その時の気持ちが思い出されて、
恥ずかしいんだけど、懐かしいなあ。
a0115886_1754317.jpg


ツイッターはこちら
https://twitter.com/jaja_shinzawa

コメントするときはこちらにね。
mixi日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1630494999&owner_id=1115742
by shinzawatoshihiko | 2010-11-29 17:06
どは同期会のど
高校の同期会がありました。
僕の出た高校はICU高校と言います。
実は僕たちは第一期生。
全部で6クラスあったのですが、みんな知り合いだし、
各クラス別でクラス会はほとんど無くて、
いつも同期会が開かれます。
ここ10年くらいはほぼ毎年開かれています。
なんとまめな学年…。
二年前に創立30周年記念の全学年の同窓会があったのですが、
その時に同期別に集合写真を撮ったのですが、
圧倒的に一期生の参加者が多かったです。
二期生、三期生まではそこそこ参加者がいて、
年をおうごとに写真の輪が小さくなって、
後半は数人ずつに…。
うん、それだけ一期生って特別だったんだなあ。
まあ、仲良いです。
小さなグループごとの飲み会とか、
よく開かれているしなあ。
僕も、同期会は参加出来る時はするようにしています。
だんだん決まったメンバーが出るようになるんですけどね。
a0115886_22162567.jpg

同期会に出るようになって思うのは、
高校生の時はそんなにみんなと話していなかったっていうこと。
もちろん顔と名前は知っているけど、
ああ、在学中はあんまり話さなかったよね、っていう人が、
なんと多いことか。
それが時が経って、みんな社会人になって、
もう50歳近くなってくると、
人生がこなれてくるのか、
誰とでも、なんか普通に話せるようになって、
へえ、こんな人だったんだ〜、と思ったりして。
a0115886_22164522.jpg

僕は高校当時ピーマンというあだ名だったので、
(意外に思う人いるかも知れませんが、僕は中学、高校と、
 ピーマンで通っていました。中川ひろたかさんよりも、
 ピーマン歴長いかも。中川さんに出逢って、それから
 ピーマンというあだ名は廃業いたしました。でも、
 当時の友達、先生達は、みんな僕のことをピーマンと呼びます)
その日も、何度ピーマンと呼ばれたことか。
「この間ね、ピーマンがお母さんといるところ見ちゃったのよ。
 でも、人前で大きな声でピーマンって呼べないし、
 間違ってたら悪いし、で、本名なんだっけ?って思ったら、
 思い出せないのよ〜。なんとか沢だったなあ〜、ってところまでは
 思い出したんだけど。もう、どうしても、あ、ピーマンって
 思っちゃったもんだから〜。
 それでね、声、かけなかったのよ」
と、話しかけてきた方もいました。
良く聞いてみたら、僕は母といたのではなく、
工藤直子さんと一緒のところだったことが、
分かりましたが。
まあ、つまり本名よりもあだ名で有名だったのでした。
ほとんどの先生が僕をピーマンって呼んでいたんですよね。
授業中も…。
そんな学校って…。
a0115886_22171178.jpg

先日、映画「風のなかで」を観に行って、タイトルロールに僕の名前を発見した、と手紙をくれた担任のT先生もいらしていました。
(http://www.ask7.jp/shinzawa/diary.html
 11月3日の日記「にはにじのに」参照)
mixi日記は
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1614629082&owner_id=1115742
立って挨拶しているのがT先生。
a0115886_22173592.jpg

今回は先日のこともあり、先生となつかしくいろいろとおしゃべりをしました。
僕たちは一期生だったので、先生方も、思い出深いそうです。
新しい学校を作っていくという熱意と気概に燃えていたことが、
僕たち生徒にも良く伝わっていました。
T先生は現代国語の先生でした。
「一番最初の授業でね、教科書の文章を読ませてね、みんなはどう思う?って聞いたのよ。新しい高校の最初の授業だし、これからみんなにたくさん自分の意見を言っていってもらいたい、ってすごく思ったのよね。そしたらね、あなたが、ハイって手を挙げて、黒板使ってもいいですか?って言って、前に出てきて、なんからせんの図とか書いて、僕はこういうことだと思いますとか言って、説明を始めたのよね。その時にね、あ、この子は、使えるな、って思ったのよ」
という、自分でも良く覚えていない話をしてくれました。
なるほど。
でも、確かにそういう生徒だったかも。
結局、T先生とは一番親しくなって、高校時代から、もう友達のようでした。
T先生も、詩人の工藤直子さんと同い年くらい。
うーん、そういう年代の人と相性が良いのかもなあ…。
でも僕はなんの文章を読んで、どんな図を書いて説明したんだろう?
調べてみたいなあ…。

https://twitter.com/jaja_shinzawa

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1630075204&owner_id=1115742
by shinzawatoshihiko | 2010-11-28 22:18
げはゲームのげ
今日は本当にくだらない話です。

初めてテレビゲームをやったのは、中学生の時だったでしょうか。
ラケットが左右にしか動かない、テニスゲームみたいなやつでした。
その後、ゲームの世界は急激に進歩し、
インベーダーゲームが一世を風靡しましたが、
今の若い人には、喫茶店のテーブルがゲームの機械になっていて、
それで遊んでいたなんて、あんまり想像がつかないかもね。
昔は、みんな自分のパソコンなんて持ってなかったんだよね。
携帯も無かったしね。

その後来た、ファミコンブームには、僕はすっかり乗り遅れ、
(ファミコンって一度もやったことない…)
結局パソコンを使うようになって、
インターネットを始めてから、
テトリスとかやりましたね。
上海とか、二角取りだったっけなあ??
マキガメとかもはまったことありましたね。

パソコンのゲームって、疲れるし、何も生み出さないし、
時間の無駄な気がして、否定的ではあるんですが、
面白く作られているのは事実なんですよね。
作った人の遊び心と、クリエイティブ魂には敬服します。
でも、ゲームばっかりやってちゃダメだよ〜、って思います。

原稿を書いたり、ブログの更新なんかしてると、
ちょっと息抜きがしたくなって、
そういう時は、mixiのアプリケーションで、
ちょっと遊んだりします。
今は、たった一つだけです。
「ビジュエルド・ブリッツ」っていうゲームなんですけど、
同じ色の宝石を揃えると、バーンってはじけて点数が上がるっていう、
シンプルなものなんですが、その色といい、はじける時の音といい、
よく出来ていて、気持ちが良いんですよね。
mixiのマイミクさんの中でランキングが出るのですが、
僕は下手で、全然首位なんて取れません。
今週はいまのところ、168950点で、僕のマイミクさんの中では
7位です。
上位になって、行けないんだよなあ。
このゲームの良いところ(嫌なところ?)は
30分もやってると
「30分もやりましたね。時間はどこにいっちゃったんでしょう?」
と、ゲームの方が言ってくること。
基本、それを言われるのが嫌なので、その前にやめるようにしています。

すごく高い得点が出た時は、よしブログで発表しよう、と
こうやって写真撮りました。
本当に馬鹿馬鹿しいなあ。
僕、何やってるんだろう??
これが自分の過去最高得点。
a0115886_1543108.jpg

これが過去二番目の記録。
a0115886_15433640.jpg

でも、マイミクさんでこのゲームやる人が増えると、
ランキングが白熱して面白いかと思ったので、
一度載せてみたかったのでした。
すいません。
a0115886_15443631.jpg

https://twitter.com/jaja_shinzawa

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1629268351&owner_id=1115742
by shinzawatoshihiko | 2010-11-27 15:45
たはタンブラーのた
街はもうすっかりクリスマスですねえ。
そうかあ、もうそんなシーズンなんだあ。
一年が早すぎる…。

買い物に東急ハンズに来ました。
まわりはきれいなツリーでいっぱいです。
駅近くのイルミネーション。
青い色がきれいですね。
a0115886_0544163.jpg
a0115886_0543027.jpg
a0115886_0541860.jpg
a0115886_0535626.jpg

ハンズの入っている高島屋の外に飾ってあった、
ペットボトルを使ったクリスマスツリー。
a0115886_055224.jpg

高島屋の中のツリー。
a0115886_0552215.jpg

ハンズの中もツリーでいっぱいでした。
a0115886_055429.jpg

クリスマスツリーって、見るのは好きですが、
自分の家には全然飾らないなあ。
面倒くさいし、邪魔だしね。
でもこうやって、誰かの家とか、公共の場所にあるイルミネーションやツリーを見るのは好きです。
子どもの頃はね、小さいツリーを一生懸命飾りつけてましたけどね。
脱脂綿ちぎって雪にしたりしてね。
点滅するカラーの豆電球とか、感激でしたね。
なんか、あの貧乏くさい、安いツリーが、ちょっと懐かしいです。

ところで今日は、
東急ハンズオリジナルクリスマスタンブラーを見に来たのでした。
メイトの来年4月からの連載でお世話になる、
イラストレーターの谷口シローさんがデザインしたタンブラーが、
期間限定で発売されているのです。
たくさんのイラストレーターさんが参加している企画で、
谷口さんのを探しに来ました。
a0115886_0563427.jpg
a0115886_0562256.jpg

谷口さんのはピンク色のしか売り場には置いていなくて、
結局店員さんに、倉庫の中を探してもらって、
全色見せて貰いました。
ピンク、黄色、青色とあって、全部柄が違ったのですが、
一番大人っぽい絵柄の青いタンブラーを、買いました。
a0115886_0565026.jpg

すごく大きいタンブラーです。
スターバックスのタンブラーより大きいなあ。
今年のクリスマスはコーヒーが大量に飲めそうです。

ツイッターはこちら
https://twitter.com/jaja_shinzawa

コメントの出来るmixi日記はこちら
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1629029297&owner_id=1115742
by shinzawatoshihiko | 2010-11-27 00:59
しは篠木眞さんのし
ポプラ社で写真集「世界中のこどもたちが」の写真家、篠木眞さんに会いました。
真ん中はポプラ社の編集の松沢さん。
右が篠木さん。
65歳とは思えない、すごい若々しさ。
僕はギターを持ってきて、初めて篠木さんに「世界中のこどもたちが」の歌を聴いてもらいました。
a0115886_165721.jpg

ポプラ社の絵本ルーム。
「世界中のこどもたちが」の写真集がたくさん飾られていました。
a0115886_173676.jpg
a0115886_172671.jpg

篠木さんにお会いするのは実は初めて。
あんな素敵な写真を撮るのはどんな方だろう?と思っていましたが、
とっても面白い方で、写真のことをたくさん話して下さいました。
ポプラの編集の松沢さんに「あんまり話さない方ですよ」と言われていたので、
ちょっと気むずかしい人なのかな?と思っていたのですが、
そんなことはありませんでした。
僕がいろいろと質問をすると、気さくに、そして熱心に、身振り手振りをいれて、
話してくれて、とても楽しかったです。
「お話しない方かと思っていました」
というと
「いやあ、標準語しゃべるのは苦手で」
とおっしゃいます。
「おくにはどちらなんですか?」
「福島の田舎で」
「なんだ、僕の母の実家は福島の会津なんですよ」
「そっかあ、ではふくすまべんでええんだ〜」
「ああ、懐かしいです。親戚のおじさん、そんな感じ!」
と、すっかり田舎に行って、久しぶりの親戚のおじさんとしゃべっているみたいでした。

どうしてあんなに自然な表情を撮ることが出来るのか?
どうして子どもたちの顔をあんなにアップで撮れるのか?
(なんと望遠はいっさい使っていない…)
「この写真を撮るのに、この子と一年半つきあいました」
などの話を聞いて、もう、なるほど、だからこんな写真が撮れるのか…、と
納得することがたくさんありました。
写真集には載らなかった写真もたくさん見せてくれて、これがまた圧巻でした。
もう、何冊分もあるのでした。
a0115886_18135.jpg
a0115886_18168.jpg

そこに全く違う仕事で、詩人の谷川俊太郎さんがやって来ました。
実は、最初、篠木さんの写真に谷川さんの詩をつけよう、という話になっていたのですが、
谷川さんが、ちょっとこれは出来ません。(最近似た仕事をしてしまったから、ということがあったようです)と、お断りになって、それで、まあ、いろいろあって、
最終的に「世界中のこどもたちが」の歌詞がぴったりだ、ということで、
今回の写真集になったのでした。
「谷川さんが断ってくれたおかげで、僕の歌が使ってもらえました。ありがとうございました」
と、お礼を言ったところ
「じゃあ、これからどんどん断って、仕事回すからね」
と、笑っておられました。

せっかくそういうご縁があったから、と篠木さんと僕は「世界中のこどもたちが」の写真集にサインしていただきました。
自分の本に、谷川さんのサインをいただくというのは、なかなか出来ることではないので、
貴重な体験をさせていただきました。
a0115886_191365.jpg
a0115886_185337.jpg
a0115886_184349.jpg

この写真集の仕事は、本当に降ってわいたようなもので、
なにしろ僕は何にもしていない訳なのですが、
嬉しいご褒美がいっぱいあったような感じです。

みなさんに見ていただけたら幸いです。

ツイッターはこちら
https://twitter.com/jaja_shinzawa

コメントが書き込めるmixi日記はこちら
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1628493846&owner_id=1115742
by shinzawatoshihiko | 2010-11-26 01:09
かは仮歌のか
コロムビアのCDのレコーディングでビクタースタジオにやって来ました。
コロムビアのCDなのに、ビクターなんだ~。
以前は、ビクターでいろいろなCDを作っていたので、
よく訪れた懐かしいスタジオですが、
来たのはとっても久しぶり。
ちょっと嬉しかったです。

日本コロムビアの渡辺有賀さんからのお仕事で、新しい歌を二曲作りました。
「50音からはじまるどうようアルバム・こぐまちゃんのどうようあいうえお」という2枚組のCDです。
背中を向けてる女性が渡辺ディレクター。
前を向いてる写真を撮るの、すっかり忘れていた…。
a0115886_0122485.jpg

今日はリズム隊の録音。
ドラム、ベース、ピアノ、ギター、パーカッションなどを録ります。
みんな生楽器。
僕の今日の仕事は仮歌です。
みんなが演奏しやすいように、ガイドで歌を歌うというものです。
本当の歌の録音は後日やります。
仮歌はちょっと気楽で、歌うのとっても楽しい。
a0115886_013738.jpg
a0115886_012495.jpg

モニターに映し出されるミュージシャン達の演奏姿。
a0115886_0133533.jpg

ベースの松本さん。
a0115886_0135872.jpg

ドラムスの伊藤さん。
a0115886_0141437.jpg

ピアノの山田さん。
a0115886_014451.jpg

パーカッションの菅原さん。
a0115886_01552.jpg

ギターの小堀さん。
a0115886_0152296.jpg

エンジニアは塩澤さん。
一番左の方です。写真ぶれちゃった。
ちゃんとしたの撮れば良かった。
a0115886_0154822.jpg

アレンジャーの佐藤泰将さん。
a0115886_016724.jpg

ラッパの三人衆。
てっきり僕の歌の録音で来たのかと思っていたら、
アルバムに入る違う歌でした。
でも、とってもかっこいい演奏だったので、記念に載せます。
お名前は分かりません。
a0115886_0172051.jpg
a0115886_017074.jpg
a0115886_016386.jpg

僕の作った二曲は、
楽しくて、かわいくて、きれいな演奏でした。
気持ち良く歌って帰ってきました。
今度の歌の録音が楽しみです。

ツイッターはこちら
https://twitter.com/jaja_shinzawa

コメントの出来る
mixi日記はこちら
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1627880804&owner_id=1115742
by shinzawatoshihiko | 2010-11-25 00:18
おは「おひさまになりたい」のお
滋賀県の大津にやって来ました。
「新沢としひこおひさまになりたい2」というタイトルの講習会です。
a0115886_23443447.jpg
a0115886_23441595.jpg

おひさまになりたい2おおつ実行委員会が主催しています。
昨年の12月に1があったのですが、
有志で実行委員会を結成して僕の講習会を開いてくれているのです。
保育関係の出版社主催、保育士会主催、園長会主催、組合主催など、
いろいろな講習会がありますが、
実行委員会制の講習会は、なかなかありません。
しかも今日も400名近い人を集めてくれました。
ありがたいなあ。
スタッフも20人近くいて、みんなすごくよくしてくれました。
配ってくれた手作りパンフレット。
a0115886_23445654.jpg

「おひさまになりたい」の歌詞が書かれていました。
a0115886_23451554.jpg

本日の職場。
リハーサル風景。
a0115886_23462978.jpg
a0115886_23461838.jpg
a0115886_2346473.jpg
a0115886_23454879.jpg

楽屋に用意された地元の名物「サラダパン」。
なんと中に漬け物のタクワン(タクアン?)が入っています。
a0115886_23471122.jpg

会場はあたたかい雰囲気で、
保育園・幼稚園・小学校・養護学校などの先生達がいっぱいでした。
学生さん、看護士さん、用務の先生なども来ていました。
元気に歌うし、踊るし、遊ぶし、楽しい講習会となりました。
ステージに上がられたのぶこ先生も、とっても面白い方で、
僕の顔をまじまじと見て
「近くで見ると本当にアホの坂田に似てらっしゃいますね」
と笑っていました。
のぶこ先生側のチームと僕の側のチームで、
クラスの名前をつけましょう、と言ったところ、
のぶこ先生自分のチームは「さくら組」と命名し、
僕のチームは「どくだみ組」と命名してくれました。
おいおい。
でも、面白い先生が舞台にあがったので、とても盛り上がったのでした。
のぶこ先生ありがとう。
これはなんか一人で漫談しているかのような写真…。
a0115886_2348044.jpg

ピアノでも歌いました。
これは工藤直子さんが作詞している「きつねがいっぴき」を歌っているところ。
a0115886_23482125.jpg

ギターでも歌ってます。
これはたにぞうくんが作詞している「このちきゅうにうまれて」を歌っているところ。
a0115886_23483631.jpg

会場のみんなで「ヨガであそぼう」から「のびのびのびーん」をしているところ。
のびて気持ちがいいです。
a0115886_23485325.jpg

これは「バナナくんたいそう」の「ひざ、かた、パッ」の「パッ」と手を挙げているところ。
うーん、どうして僕はこういう恰好になってしまうんだろう???
a0115886_23491457.jpg

昨年来ているので、新しい歌を多めにして、
いつもとはちょっと違うプログラムにしたのですが、
自分にとっても新鮮な講習会になりました。
終了後のサイン会の風景。
a0115886_23493227.jpg

主催の「おひさまになりたい2」おおつ実行委員会のみなさんと記念撮影。
a0115886_23494763.jpg

打ち上げは、オーガニックレストランでした。
優しくて美味しい味でした。ごちそうさま。
a0115886_2350389.jpg

打ち上げで「贈呈式があります」といって、
贈り物をいただきました。
どうもありがとうございます。
a0115886_23501853.jpg

包みを開けたら、黒いポロシャツが。
胸に「おひさまになりたい」の文字が。
a0115886_23503698.jpg

ところが、背中を見たら、こんな画像が。
おいおい、これじゃ、着られないよ〜。
a0115886_2351342.jpg


そう言えば、
「ツイッターとmixiやってます」とステージで言ったところ、
マイミク申請のメールが10件以上来ました。嬉しいなあ。
メッセージもたくさんいただきました。
帰りの新幹線の中で、見るのが忙しかったです。
ありがとう。
大津すごい!!
いつか是非「おひさまになりたい3」企画してくださいね。
またみんなに会えるのを楽しみにしています。
本当に今日は、ありがとうございました。

ツイッターはこちら。
フォローしてくれた方達、どうもありがとう。
https://twitter.com/jaja_shinzawa

mixi日記はこちら。
どうぞコメント寄せてくださいね。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1627236029&owner_id=1115742
by shinzawatoshihiko | 2010-11-23 23:52
ざは雑誌のざ
今年度は、保育雑誌でいくつか連載ページを持っています。
ひとつは小学館の隔月刊雑誌「0.1.2歳児の保育」であそびうたを。
イラストではなく写真であそびを紹介しています。
毎回子どものモデルとその子のおかあさんが、僕の提案するあそびを
やってみせてくれます。
プロのモデルなわけですが、小さい子向きの遊びのため、
3歳以下のモデルが来るので、
これがなかなか大変です。
面白いんだけど…。
「としひこ先生のふれあい歌あそび」っていうコーナータイトルが、
なんとも言えないですね…。
a0115886_22214499.jpg
a0115886_22213330.jpg
a0115886_22211676.jpg

もうひとつは、ひかりのくにの月刊誌「保育とカリキュラム」で
「新沢としひこの超かんたんミラクルピアノレッスン」というページ。
とっても簡単なコード奏法の解説をしています。
ピアノ嫌いの人のための連載です。
本当に簡単なんだよ〜!
a0115886_22223799.jpg
a0115886_22222536.jpg
a0115886_2222533.jpg

そしてもうひとつ、学研の月刊誌「Piccolo(ピコロ)」に
「新沢としひこの手遊びクルリンパ!」という手遊びの連載をしています。
簡単で面白い手遊びの連載です。
a0115886_22232332.jpg
a0115886_2223876.jpg
a0115886_22225534.jpg

世の中的には、今雑誌というものが全体にどんどん部数が落ちてきていて、
寂しいものがあります。
僕は雑誌世代というか、雑誌というものが大好きで、
つい無駄だと思いつつ買ってしまいます。
年間に使う書籍代の8割は雑誌だと思います。
雑誌の「雑」っていうところが好きなんですよね。
雑多にいろいろなものがつまっている、おもちゃ箱みたいな、
楽しいものを感じるんですよね。

ネットの時代になって、
雑誌の役割ってどんどん無くなってしまいそうですが、
やっぱり紙の媒体って残っていて欲しいです。

みんなももっと雑誌買ってね、という思いで、
連載してます。
でもね、単行本になったら買います、っていう人も多いんだよね。
ま、仕方ないか…。

ツイッターはこちら
https://twitter.com/jaja_shinzawa

mixi日記はこちら
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1626526711&owner_id=1115742

「私、ツイッターもmixiもやってないんです」という方、
何人か声をかけられました。
「掲示板」を都合により廃止してしまったので、
寂しい思いをしてらっしゃるようです。すいません。
面倒くさいとは思うのですが、
登録料などお金がかかったりしませんので、
恐がらずに、mixiやツイッター利用していただけるとありがたいです。
mixiは以前は、
誰かから招待してもらえないとアカウントが作れなかったのですが、
今はその必要もなく、やってみたいと思うと、誰でもすぐに出来るので、
便利になりました。
雑記帳の感想などのコメントを書き込む場合、
今はツイッターやmixiしかありませんので、
良かったら利用してくださいね。
どうもすいません。
by shinzawatoshihiko | 2010-11-22 22:23
しはしんくうかんのし
下北沢のしんくんかんでソロコンサートでした。
下北沢の実家の地下スペースで二ヶ月に一度、
プライベートコンサートをしているのでした。
本日のテーマは「わたしの明日を変えるのは」。
これは、こういうタイトルの新曲があるのでした。
ちょっと気に入ったタイトルだったので、テーマに使ってみました。
a0115886_1475620.jpg

新しく歌う歌がたくさんある、ちょっと新鮮なコンサートでした。
本日の曲順表。
a0115886_149727.jpg

秋らしくしっとりして、暗めで重めの歌の多い、
お客さんにしてみたら、ちょっとしんどいものだったかも。
今日の衣装。
しんくうかんに舞台袖は無く、実家の玄関が楽屋状態。
a0115886_1501363.jpg

でも、僕はとっても気持ち良く歌ってました。
a0115886_1505483.jpg
a0115886_1503854.jpg

後半は、詩人の工藤直子さんが飛び入りのゲストで出てくれました。
a0115886_1511011.jpg

詩の朗読や、お話をしてくださいました。
先日亡くなられた、工藤さんのお友達の、
作家の佐野洋子さんの思い出話もしてくれました。
すごくしみじみしたライブになって、
なんだか何度も泣いてしまいました。
号泣とかじゃないけど。
歌い終わって、ちょっと涙を拭くくらい。
歌いながら泣くのって、実は気持ちが良いんですよね。
少しスッキリするっていうか。
泣きすぎると頭痛がして、つらいんですけど。
工藤さんと作った「しゅっぱつ」という風船が手が離れて、
飛び立っていく歌、
今までは若者が、卒業して元気に旅立っていくのを、
見送るっていう感じで歌っていましたが、
今日は初めて、亡くなった友達を送るような気持ちに、
なってしまいました。
歌というのは面白いな、ライブというのは面白いな、
と思いました。
集まってくれたみなさん、本当にありがとうございました。
飛び入りゲストで手くれた工藤直子さんも、
ありがとうございました。
来年も良かったら、
「のはらうたカレンダー」また売りに来てくださいよ。

次回のしんくうかんコンサートは
2011年1月16日です。
申し込み開始日は
2010年12月16日です。
今度のしんくうかんコンサートは、一年に一度の「リクエスト大会」です。
いらっしゃる方は、
歌って欲しい歌を考えて来ていただけると、
ありがたいです。

ツイッター
https://twitter.com/jaja_shinzawa

mixi日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1626103903&owner_id=1115742
by shinzawatoshihiko | 2010-11-22 01:51
ては展覧会のて
今日は午後から、展覧会を三つ観に行きました。

ひとつは恵比寿の東京都写真美術館「ラヴズ・ボディ 生と性を巡る表現」という写真展。
a0115886_2317954.jpg

主にエイズをテーマにしています。
でもポスターにもなっている「転げ落ちるバッファロー」みたいな写真もあります。
「僕たちはエイズをはじめとしたさまざまな理由で追い詰められ、次々と自ら命を絶たざるを得ない問題と向き合っている」
ということのようです。
一番印象に残ったのは「アラン」という作品群で、これはアランという青年がエイズの為に入院し、最後亡くなるまでを克明に写し取ったもので。みるみるうちに衰弱し、やせほそり死んでいく一人の人間の姿を、愛情にあふれた視線でそれでも冷静にきちんと撮りきっています。
 その他の写真は、よく意図の分からないものもあり、全体としてはハテナマークも出るものでしたが。
 写真の点数もやや少ないような気がしました。せっかく良いテーマなので、もっとたくさんの写真を集めて欲しかったかな。
 12月5日まで。一般800円。
a0115886_23181118.jpg
a0115886_23175974.jpg
a0115886_23174716.jpg
a0115886_23173569.jpg

二つ目は、六本木のGALLERY TOKYO BAMBOO「ポーチ展」。
a0115886_23184179.jpg

16人のアーティストが、イラストを描いてそれをオリジナルポーチにして展示、販売しています。
先日メイトのCDレコーディングでお世話になったイラストレーターの谷口シロウさんが出品しているので観に行きました。
かわいいポーチがいっぱいありました。
中でも谷口さんのポーチがピカイチだなあ、抜群にしゃれててかわいいなあ、と思いましたが、予約販売で実物はありませんでした。
可愛すぎて、自分で使う感じではないかも、と思い、購入は断念。
ただいろいろかわいいポーチを眺めて帰ってきました。
ポーチはひとつ2000円みたいです。展覧会は明日の21日17時までらしいです。
入場無料。
かわいいポーチが好きな方は急いで行ってみて!
a0115886_23194782.jpg
a0115886_23193613.jpg
a0115886_2319192.jpg

三つ目は、新橋の東京美術倶楽部「プリュス トウキョウ・コンテンポラリーアートフェア」。
a0115886_23201266.jpg

日本の現代美術のアートフェアです。
友人に招待券をいただいて行ってきました。
40軒のブースにさまざまな画廊が出店。
その場で絵やオブジェなどを購入することも出来る展覧会です。
不思議なオブジェあり、マンガのような絵あり、日本画のようなアートあり、コラージュみたいな作品あり、超ハイレベルな大人の文化祭の様でした。
芸術って面白いなあ、と思いながら帰ってきました。
明日の21日17時まで。入場1000円。
a0115886_232106.jpg
a0115886_2320432.jpg
a0115886_23203491.jpg

そうですね、芸術の秋っていう感じの一日でした。
ちなみに一日出歩いて、アートな物は何も購入しませんでした。

ツイッターは
https://twitter.com/jaja_shinzawa

mixi日記は
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1625343715&owner_id=1115742

明日は、しんくうかんコンサートです。
みんな来てね!
http://www.ask7.jp/shinzawa/sinkukan.html
by shinzawatoshihiko | 2010-11-20 23:22



ときどき更新の雑記帳
by shinzawatoshihiko
ホームページ
アスク・ミュージック

twitter
mixi
(mixiは会員登録が必要です。登録後、ニックネーム「新沢としひこ」で検索してください)
最新の記事
ごは50歳のご
at 2013-01-17 00:06
やは山野さと子のや
at 2013-01-16 20:13
まは「増田裕子ナイト」のま
at 2012-05-06 18:00
すは「鈴木くんと田んぼ~ず公..
at 2012-05-03 14:55
かは柿島伸次さんのか
at 2012-05-02 11:44
以前の記事
2013年 01月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧